建物比率90%以上スピード減価償却の節税物件

REGAL POINT CONDOMINIUM

節税効果シミュレーション

アメリカ不動産を購入した場合の
節税効果シミュレーション

アメリカ不動産投資の最大のメリットは、
築22年以上経過した木造住宅に関しては、減価償却費を耐用年数4年で計上することができるということです。
建物比率80%以上の物件を4年間のスピード償却により、効率の良い節税効果を得られます。

アメリカの会計評価基準での減価償却は、日本と比べ建物の比率が80%と大変大きいため、上記ケースの場合、初年度で2,000万円の減価償却費を計上することができます。日本の税法では、この処理で発生した赤字を給与所得と損益通算することで所得税還付が受けられ、住民税も軽減することができるのです。

通常、非居住者がアメリカで現地の銀行口座を開いて、審査を受けて融資を受けるのはハードルが高いと言われていますが、今回は別件管理会社が全テナントにすでにローン付けしているので、購入とともに約50%のローンが簡単な事務手続きで利用が可能となりました。ノンリコースローンとは銀行から融資を受けた金額の返済ができなくなったときに、担保にしていた不動産を引き渡すことで、それ以上の返済義務が発生しない、主にアメリカで採用されているローンです。

借入比率47% 〜 48%
利率5%
融資期間72ヶ月(6年間)
タイプノンリコース/借入期間中は利払いのみ
返済日毎月15日
ローン実行手数料ローン金額の1.5%

※ローン手続きに関しての必要書類:パスポート

通常、非居住者がアメリカで現地の銀行口座を開いて、審査を受けて融資を受けるのはハードルが高いと言われていますが、今回は別件管理会社が全テナントにすでにローン付けしているので、購入とともに約50%のローンが簡単な事務手続きで利用が可能となりました。ノンリコースローンとは銀行から融資を受けた金額の返済ができなくなったときに、担保にしていた不動産を引き渡すことで、それ以上の返済義務が発生しない、主にアメリカで採用されているローンです。

借入比率47% 〜 48%
利率5%
融資期間72ヶ月(6年間)
タイプノンリコース/借入期間中は利払いのみ
返済日毎月15日
ローン実行手数料ローン金額の1.5%

※ローン手続きに関しての必要書類:パスポート

TOP